“オンラインカジノで勝った場合には、税金がかかってきます。
オンラインカジノの場合は、いかに配当が高額の場合でも、源泉徴収がその場でされる場合はありません。
しかしながら、所得になったということによって税金がかかるようになります。
所得としては、給与所得などがありますが、オンラインカジノで勝つと、どのような所得になるのでしょうか?
オンラインカジノで勝った場合の儲けは一時所得になります。
一時所得の場合の税金についてご紹介しましょう。
トータルの儲けの金額から儲けを得るために使った金額を差し引いたものが50万円以下の場合は、一時所得にこの残った金額がなります。
税金がかかる対象の一時所得は、特別控除額をオーバーした金額の半分に相当するものになります。
直接儲けを得るために使った金額は、必要経費として計上することができます。
例えば、100万円儲けるために10万円の必要経費であった場合、一時所得に90万円の差額がなります。
そのため、年間の儲けが90万円の場合、税金がかかる対象は50万円の特別控除額を差し引くため、40万円の一時所得になります。
税金の額はこの半分になるため、20万円を最終的に納めることが必要になります。
注意する必要があるのは、損益通算が一時所得の場合はできないことです。
100万円昨日儲けて、100万円今日負けた場合でも儲けはゼロではなく、100万円になります。